こんな人におすすめ!フィナステリドAGA薬の比較一覧

フィナステリド成分の効果データ

フィナステリド成分の商品比較一覧に入る前に、フィナステリドAGA薬全般に共通する働きを知っておきましょう。

小難しい話はいいから、早く一覧表を見せたまえ」という人は、↓こちらからジャンプ出来ます。

フィナステリドの得意・不得意分野

フィナステリドはどんな人に適していて、AGAに対してどんな効果があるのかを、色々なお医者さんのHPを調べながらまとめてみました。

ずばり、フィナステリドの得意分野であり主な役割は「抜け毛の進行を抑える」ことです。

脱毛ホルモンのせいで寿命を全うできず、育ち切る前に毛根から旅立ってしまうのを食い止める「守る」働きがあります。

残念ながら、すでに抜けてしまっている部分に生やす能力は期待できないようです。

守るだけでなく生やしたい!という人は「ミノキシジル+フィナステリド」のダブル使いを。AGA界でもっとも理想的かつスタンダードな組み合わせと言われています。

フィナステリドはこんな人おすすめ

  • 今ある髪の毛たちを守りたい人
  • 発毛剤のミノキシジルと併用したい人
  • AGA薬がはじめての人

フィナステリドは、他の成分のAGA薬と比べて副作用の報告がとても少ないので(市販の風邪薬よりも発現率が低いほど)飲むタイプのAGA薬がはじめての人でも安心して使えます。

フィナステリドAGA薬おすすめランキング

販売サイトや某大型掲示板での口コミを500件以上読んで、使用者の満足度が高かったフィナステリドAGA薬をランキングにしました。

以下紹介する4つのフィナステリドAGA薬は、基本的にみな同じ働きを持っています。(冒頭のグラフ参照)

商品選びに迷ったら「先発薬かジェネリックか?」と「フィナステリドの配合量(1mgか5mgか?)」で選べばいいでしょう。

  • フィナロイド
    5

    フィナロイド

    プロペシアのジェネリック。
    現状維持が目的ならフィナロイドだけでOK。
    今ある髪の毛を大事にしつつ、抜けてしまった部分にも新たに生やしたいなら、発毛作用のあるミノキシジルとの併用が基本。
    バラで買うより1,600円お得な「フィナ+ミノタブのセット」はこちらで解説。

    価格

    2,972円(送料無料)

    内容量

    100錠

    得意分野

    抜け毛予防・現状維持

    効果範囲

    M字◎|U字○|O字◎

    成分

    フィナステリド1mg

  • フィンペシア
    5

    フィンペシア

    プロペシアのジェネリックで、フィナロイドと成分も効果も価格帯もほぼ一緒。
    メーカー違いみたいなものなので、お好みで。

    価格

    3,115円(送料無料)

    内容量

    100錠

    得意分野

    抜け毛予防・現状維持

    効果範囲

    M字◎|U字○|O字◎

    成分

    フィナステリド1mg

  • プロペシア
    4

    プロペシア

    先発薬(新薬)なので、フィナロイド等のジェネリックよりもすこぶる高いが、病院やクリニックで処方してもらうよりかは安い。
    ジェネリックは不安という人におすすめ。

    価格

    6,334円(送料無料)

    内容量

    28錠

    得意分野

    抜け毛予防・現状維持

    効果範囲

    M字◎|U字○|O字◎

    成分

    フィナステリド1mg

  • フィンカー
    3

    フィンカー

    前立腺肥大の治療薬プロスカーのジェネリック。
    有効成分はプロペシア等と変わらないので、AGA薬として使用することも◎
    フィナステリドが5mg(1日の摂取量の上限は1mg)なので、ピルカッター等で1/4に割って飲む必要がある。
    薬をカットするのが面倒でなければ、1箱で400日もつのでコスパは最強。

    価格

    4,204円(送料無料)

    内容量

    100錠

    得意分野

    抜け毛予防・現状維持

    効果範囲

    M字◎|U字○|O字◎

    成分

    フィナステリド5mg

まとめ

  • フィナステリドの効果は「抜け毛予防」で、発毛効果はあまりほぼない
    ⇒発毛も希望するならミノキシジルとの併用が基本
  • どのメーカーのどの商品でも、効果・効能は同じ
  • 先発薬(新薬)はプロペシア
  • ジェネリックで人気なのはフィナロイドとフィンペシア
    ⇒メーカーが違うだけで成分・内容量・価格帯も同じ
  • ミノキシジルとのセット購入で安いのはフィナロイド
  • フィンカーだけ1錠の成分量が5倍あるので、4分割して飲めばコスパがいい

フィナステリドは、抜け毛・薄毛の原因となる脱毛ホルモンが作られないようにしてくれる「守り」タイプのAGA薬です。

守備範囲は、AGAで薄毛になりやすい大体の部分がカバー可能で、とくに前頭部のM字部分と、頭頂部のO字部分に効果を発揮します。

もしM字からさらにU字まで進んでしまっていたり、側頭部も気になっているなら、フィナステリドよりも守備範囲の広いデュタステリド成分の方が効果的です。

けれどデュタステリドは副作用が出やすい強い薬でもあるので、まずは安全性の高いフィナステリドから試してみましょう。

抜け毛予防には大活躍のフィナステリドですが、すでに抜けてしまった部分に新しく毛を生やすことは苦手です。

発毛はミノキシジルが大得意なので、現状維持できればいいのならフィナステリドだけでOKですし、増やすことも望むならばミノキシジルとのダブル使いをおすすめします。

フィナステリドAGA薬の先発薬(新薬)プロペシアは、AGAクリニックや皮膚科での処方の場合、相場は1ヶ月あたり7,000円~10,000円。通販サイトで薬だけ購入すれば、1ヶ月6,000円台です。

プロペシアのジェネリックで人気なのはフィナロイドとフィンペシアで、どちらも100錠入りで約3,000円。1箱で3ヶ月以上もつので、1ヶ月当たりにしたら約1,000円で済みます。

「ちょっと最近おでこが広くなったような…」
「髪が細くなってきてる?ボリュームが減った気がする」

お風呂上がりに鏡に映る自分を見て、こんなふうに思いはじめたら、まずは今ある髪の毛を守ることからはじめましょう。

フィナステリドは他の成分よりも副作用がとても少なく、安全性の高い薬なので、AGA薬の登竜門としておすすめです。

ミノキシジルと一緒に使えば、相乗効果で抜け毛予防と発毛促進のスピードが上がります。

あわせて読みたい

フィナステリド+塗りミノキ 初期費用 月換算 M U O 【A】初心者おすすめセット フィナロイド+フォリックスFR10 ¥6,885 ¥5,548 △ ○ ◎ 【B】M字型特化セット […]

効果アップ