CATEGORY

AGAお役立ち知識

AGA1型と2型の見分け方<5αリダクターゼ>

AGAには1型と2型があり、そのタイプによって効く薬が違います。 日本人に多いAGAのタイプは2型であり、効果が高いのはプロペシア等のフィナステリド成分の薬です。 1型に当てはまる人は、ザガーロ等のデュタステリド成分の薬がよく効きます。 合っていない方の薬を選ぶと、効果がないどころか副作用のリスクも。まずは自分がAGA1型なのか2型なのか?特徴からチェックしてみましょう。 AGAの原因物質が存在す […]

ハミルトン・ノーウッド分類をざっくり解説

AGAの診断基準ともなる、ハミルトン・ノーウッド分類の法則についてまとめました。 額の生え際から薄毛が進行する、いわゆるM字はげタイプや、頭頂部のつむじ周辺から進行していくO字、前頭部から進行するU字など、AGAの進行のしかたには、いろいろなパターンがあります。 自分のAGA進行速度はどこまでいってるのか?今の状態に合った改善方法を見つけることが、もっとも効果的なAGA治療になります。 ちなみに、 […]

ミノキシジル・フィナステリド・デュタステリドの違い

AGAの治療薬として現在認可されているは、ミノキシジル・フィナステリド・デュタステリドの3つだけ。 この3つはそれぞれ薬の有効成分の名前で、よく聞くリアップやプロペシア、フィナロイド、ザガーロは、それら有効成分が含まれた薬の商品名です。 フィナステリド?フィナロイド?似たような名前が多すぎて、僕もはじめは何がなんだかゴッチャになってました。 AGA治療の3つの承認薬、ミノキシジル・フィナステリド・ […]

初期脱毛の乗り越え方

AGA治療で起こる初期脱毛とは、AGA薬を飲み始めた初期に表れる脱毛症状のこと。もちろん僕も経験済みです。 AGAのせいで成長できなくなった不健康な髪の毛が、新しく健康な髪の毛へと生え変わるために起こる現象なので「AGA薬がちゃんと効いていますよ」というサインでもあります。 ちなみに初期脱毛が起きるのは、ミノキシジルを使用したときだけです。フィナステリドやデュタステリドでは、ほぼ無いと考えてOKで […]

AGA薬は一生飲み続けないといけないのか?

リバウンドする?AGA薬の服用をやめておこること AGAの薬を飲んでいる人の中には「もし今、AGA薬の服用をやめたら?」と考えたことがある人、もしくは知りたい人も多いのではと思います。 実際に僕も「いい感じに髪の毛が増えた!」と思って2週間ほど薬を飲むのをやめてみたことがありますが、結果は「元に戻る」だけでした。 例えるなら、半年間、頑張ってレベルを上げた「ドラクエ」のセーブデータが消えてしまった […]

毛根から生えてくる回数は決まっている

ヘアサイクルは生涯で40~50回 人の髪の毛は、同じ場所(毛根)で「生えて⇒育って⇒抜けて⇒また生えて…」を繰り返しています。 この流れをヘアサイクル(毛周期)と言い、1つの毛根から髪の毛が生えてくる回数は、一生のうちで40~50回と決まっているのだそうです。 そして1本の髪の毛が頭皮にとどまれる期間は、正常であれば2~6年ほど。 ということは、髪の毛の寿命は少なく見積もっても80年あるはずです。 […]

おすすめのAGA薬をチャートで診断

薄毛の進み方3パターンに適したAGA薬を提案 AGA薬の役割は「守り」と「攻め」の2種類がある AGAの薬には、抜け毛を予防する「守り」タイプと、発毛を促す「攻め」の2種類があります。 守りタイプのAGA薬 フィナステリド…飲み薬 デュタステリド…飲み薬 抜け毛の原因となる脱毛ホルモンを抑制して、薄毛の進行を抑える役割 攻めタイプのAGA薬 ミノキシジル…塗り薬・飲み薬 髪の毛を作り出す細胞を刺激 […]

AGAになる仕組みと原因

AGAは「AndroGenetic Alopecia」の略で、一般的には「男性型脱毛症」といわれることが多いですが、直訳すると「男性ホルモン型脱毛症」という意味です。 その名のとおり、男性ホルモンが原因で髪の毛が抜け落ちてしまう恐ろしい症状なのです。 AGAは進行性の脱毛症で、残念ながら自然には治りません。薄毛や脱毛が始まってしまった場合は、何かしら対策をしないとAGAの症状が進んでしまいます。 […]

病院で行うAGA治療とは

AGA治療のために病院を受診するのであれば、皮膚科で大丈夫です。 髪の毛は頭皮から生えてくるので、皮膚科の外来がある病院なら、たいていAGA治療が受けられるでしょう。 けれど総合病院や町の皮膚科の場合、受けられるAGA治療の種類やスタッフの対応・配慮などに満足できないこともあります。 より効果的な治療を受けたい場合は、普通の皮膚科よりもAGAクリニックや美容皮膚科をおすすめします。 AGA治療がで […]

M字タイプのAGA

M字ハゲと呼ばれるタプのAGAは、前髪の生え際と、こめかみのソリコミ部分から少しずつ後退していきます。 頭頂部の髪の毛を残しながら薄毛が進行していくのがM字タイプの特徴で、正面から見たときに、アルファベットの「M」に見えます。 髪の毛の量が多い人だと、M字タイプの進行に気づけないケースがあります。 似たようなAGAのタイプにU字型もありますが、U字タイプはM字と違い、頭の中央部分も薄毛が進行してい […]

U字タイプのAGA

U字タイプのAGAは、おでこ全体から後退していき、薄毛が丸く進行してしまうパターンのことです。 U字タイプの場合、薄毛が進行すると、上から見たときにアルファベットの「U」のように、サイドの部分と後頭部に髪の毛が残った状態になります。 一般的に、U字タイプは欧米人に多く見られ、日本人には少ないといわれています。 M字タイプと似ていますが、U字タイプは頭の中央部分も薄毛が進行していきます。 U字タイプ […]

O字タイプのAGA

頭頂部のつむじのところから円型に薄毛が進んでいくO字タイプのAGAは、日本人を含む東洋人に多いようです。 AGAが進行すると、サイドの部分と後ろ側の髪の毛だけが残り、俗にいうカッパ頭になります。 鏡では見えない部分なので自分ではなかなか見つけにくく、人に指摘されて初めて気付くことも多いタイプです。 O型タイプは他のM字やU字と比べて、AGA対策の効果が表れやすく、髪の毛が復活しやすいともいわれてい […]